ダンベル体操では痩せません。

このサイトではダンベルを使ったトレーニングとダイエットを薦めていますが、ひとつ注意してほしいことがあります。
ダンベル体操というとどのようなものを思い浮かべるでしょうか。
少し小太りの中高年の方が1,2kgのダンベルを持って体操している姿ではないでしょうか。
ダイエットを目的としたときにあのような体操だけでは決して目的は達成できません。

ダンベル体操が知られた理由

15年くらい前に栄養の専門家という人がダンベル体操を流行らせました。
正確に言うと、ダイエット関連は金になるのでメディアが流行らせたのですが。

テレビで1,2kgのダンベルをもってエクササイズを披露し、その売り文句が「筋肉の量を増やせば基礎代謝があがり脂肪が燃えて痩せる」というものです。
確かにこの理屈は合っているのですが、あることを正確に伝えていなかったのです。

筋肉を増やすことは簡単ではない

origin_6817876226

筋肉を1kg増やせば1日の基礎代謝は約30kcal増えます。
1ヶ月で900kcalで1年で10,800kcalです。

脂肪は1kgで7,200kcalなので、筋肉を1kg増やせば何もしなくても1年で脂肪は1kgちょっと減らせます。
筋肉1kgと脂肪1kgでは容積はだいぶ違うので引き締まって見えるようにもなるでしょう。

ただし、この「筋肉を1kg増やす」というのが簡単ではないんです。
ボディービルダーが血のにじむようなトレーニングを1年間やっても、純粋に筋肉だけで2kg増やすのも難しいんです。
そう考えると、1キロや2キロのダンベルをちょこちょこ動かすだけでは筋肉がつかないということも想像できると思います。

ダイエットが最優先の目標であれば、ダンベル体操をやるより、有酸素運動や食事をコントロールしたほうがはるかに効率がいいでしょう。

筋肉をつけることを目的にやるなら10回から15回できるくらいの負荷でやるのがいいでしょう。
筋肉を付けたほうが良いということは間違いありません。

(Visited 1,971 times, 1 visits today)