筋肉を増やすことのダイエット効果とは

ダイエットとは余分な脂肪を燃やすことだと言えます。
最近では有酸素運動以外にも、筋トレにダイエット効果があるという認識がされてきましたが
なぜ筋肉が増えるとダイエット効果があるのでしょうか。

筋肉は燃費が悪い

人間の体を車に例えると、エネルギーであるガソリンが食事になります。
車が走ったり、停まったりするのにガソリンを使います。
人間も同じで、体を動かすたびに筋肉を使うのでエネルギーを消費します。
そして筋肉が多いほど多くのエネルギーを必要とするのです。

筋肉は脂肪燃焼の貯金ができる

ジョギングやマラソンなどの有酸素運動は、それをやっているときは脂肪を燃焼します。
対して筋トレは筋トレが終わったあともしばらく脂肪燃焼効果が続くのです。
さらに上に書いたように、筋肉が増えるほどに脂肪を溜め込みにくくなるのです。

これは私の経験上からに言えますが、筋肉が増えると少し食べ過ぎたくらいでは太らなくなります。
最近話題になっている、女芸人のまぁこさんのダイエットも、有酸素運動は一切やらずに筋トレと食事の見直しで痩せていました。

痩せたきゃ筋トレなんです。

(Visited 288 times, 1 visits today)