これだけは抑えておきたい。ダンベルで行う5つのベストエクササイズ

ダンベルで出来るエクササイズはたくさんあります。
慣れていない人はダンベルで何をやればいいのか分からないという人もいるでしょう。

でも、本当にやるべきエクササイズは限られています。
今回は優先して行う5つのダンベルエクササイズをご紹介します。

ダンベルならではの動きができるエクササイズになってますので、ぜひやってみてください。

5つのダンベルエクササイズ

ダンベルフロントランジ

Dumbbell_Lunges_Exercise_Guide_and_Video

ランジ種目は非常に優れたエクササイズなので絶対に抑えておきたいです。
体全体の筋肉の多くを占める大臀筋と大腿四頭筋に効果があります。
立つ、歩く、階段を登るなどの日常生活も楽になります。

ダンベルプレス

Dumbbell_Bench_Press_Exercise_Guide_and_Video

上半身のトレーニングには欠かせないエクササイズです。
動作を通してしっかり胸をはって行います。
少し上半身を起こしてインクラインプレスにしてもOKです。

ダンベルロウ

One-Arm_Dumbbell_Row_Exercise_Guide_and_Video

背中の広背筋にはこのエクササイズです。
腕で引くのではなく、背中で引くようにします。
自分では見えない背中の筋肉ですが周りからは見られます。

サイドレイズ

Power_Partials_Exercise_Guide_and_Video

逆三角形の体作りには肩の三角筋も鍛えないといけません。
軽いウエイトでいいのでしっかり効かせましょう。
肩をすくめずに、小指側から上げるようにしましょう。

ダンベルカール

Dumbbell_Bicep_Curl_Exercise_Guide_and_Video

引き締まった腕にするためには、カール種目も必須です。
1回1回ギュギュっと二頭筋を締めて、下ろす時はゆっくりと。
体の角度を変えてやればアレンジ自在です。

最後に

今回書いたエクササイズは最も基本的かつ効果的なものです。
筋トレ初心者の時は、このエクササイズを全て10回3セットずつ行うプログラムでもいいでしょう。

この辺りのダンベルがあれば自宅でも出来ます。

(Visited 2,601 times, 1 visits today)