ダンベルの選び方のポイント

以前書いたダンベルの種類でいろいろなダンベルを紹介しましたが、
実際に購入するとなるとどれを選べばいいのでしょうか。
考え方を書きますのでその判断材料の手助けになればと思います。

選ぶ時のポイントは
場所、重さ、値段になるでしょう。

場所

今後ダンベルトレーニングを行なっていくスペースはどのくらい確保できるのでしょう。
また使用しない時の保管場所はどうでしょう。

保管場所に余裕があるなら、ジムのように重量固定タイプを重量別に揃えて並べておけば
重量を変えたい時の手間が省けます。
逆に省スペースだという場合は、重量調整タイプならほとんど場所を取りません。

重さ

重さに関しては、トレーニングの目的や性別によって違うでしょう。
基本的には男性の初心者であれば、上半身のエクササイズで3〜5kg、下半身のエクササイズで7〜10kgが妥当なところでしょう。
ただし、ズバリおすすめは20kgの重量調整タイプです。これが2つあれば完璧です。
最初は20kgなんて重すぎると思うかもしれませんが、大は小を兼ねるです。
20kgを扱えるようになろうという目標にもなります。
物足りなくなったらプレートだけ購入すればOKです。

女性や健康のためのダンベルエクササイズに使用する場合は、2,3kgのものでいいでしょう。

EGS(イージーエス) ネオプレーンダンベル アレー 2kg×2個組 EG-3001
EGS(イージーエス)
売り上げランキング: 17,600

値段

場所があっても何種類も揃えるのはお金がかかります。
コストパフォーマンスから言ってもやはり重量調整タイプがいいです。
20kgのダンベル2つで15,000円程で買えます。
まったくお金をかけたくないという場合は、ペットボトルに水や砂を入れたら重りにはなりますが、持ちにくいので落下の危険があります。

(Visited 1,472 times, 1 visits today)

コメント “ダンベルの選び方のポイント”

  1. ピンバック: 本気でダイエットを始める時に欠かせない5つの道具 | 1年で15キロダイエットと禁煙をした結果

コメントは停止中です。