ダンベル?バーベル?どちらを使うか迷った時のためのたった1つの基準

トレーニングする方法はたくさんあり、ダンベルやバーベルが無いと出来ないということはありません。

でもフリーウエイトでトレーニングしたいときには、やはりまずこの2つが頭に浮かぶと思います。
ダンベルとバーベルが置いていないジムは無いでしょう。

もし目の前にどちらもあったらあなたはどちらを手にするでしょう?

どちらが効くかで選ぶ

結論から言ってしまうと、どちらの方が良いとか悪いということではなく、自分がどちらを使った方がターゲットの筋肉に効くか、という選択基準でいいと思います。

良くないのは、固定観念を持ってしまうこと。
人から聞いたとか、人がやっていたとか、本で読んだとかの理由で効いている感覚がないのに続けてしまうのは時間の無駄になる可能性もあります。

ただし、どちらが効くかなんて最初から分かりません。
ですから最初は両方使うのがベターです。

ダンベルだけとか、バーベルだけではなく、同じ種目でもバーベルでもダンベルでも丁寧にやってみてしっくり来る方を重点的にやることをオススメします。

それぞれの特長を理解して使い分ける

バーベル、ダンベルの特長を理解しておくことも大切です。

例えばトレーニングメニューを決める時に、高重量低回数の種目と低重量高回数の種目を組み合わせるパターンがあります。

筋繊維を破壊して物理的刺激を与えるのと、低酸素状態にしてパンプアップさせて科学的刺激を与えるのが狙いです。

普通のジムだとダンベルはそこまで高重量の物は置いてないと思うので、この時は高重量はバーベル、低重量はダンベルでやるといいでしょう。

他にも、両手でやるときはバーベル、片手はダンベルなど、いろいろな使い分けができます。

大切なのは使い分けです。

初心者でもバーベルを使おう

当サイトはダンベルトレーニングメインですが、当然バーベルを使っての筋トレも推奨します。

初心者の場合は、バーベルを使用するのを避けがちですが、ぜひ積極的に使うようにしてください。
トレーニングのBIG3と言われる、ベンチプレス・スクワット・デッドリフトもダンベルでも出来ますが基本的にはバーベルを使うものです。

体幹を強くして、体を大きくするためには欠かせない種目でもあります。

最初はプレートはつけず、バーだけでもいいので(むしろその方がいい)動きを確認しながら丁寧にフォームを身につけていきましょう。

(Visited 1,924 times, 1 visits today)