トレーニングを筋肉に効かせる3つのポイント

筋トレをできる時間は限られている人は多いです。
会社、学校、家事など忙しい中でせっかく自らの体のための時間を作ったのだから、最も効果的な方法でトレーニングをした方がいいと思います。
そこで、トレーニングの効果を引き出すポイントを3つあげてみます。

1.正しいフォームで動作する

筋トレはフォームがすべてと言っても過言ではありません。
同じエクササイズでも正しいフォームでやるのと間違ったフォームでやるのでは雲泥の差があります。
上級者になると最も自分に効くフォームに少し変形させてやったりしますが、基本的には教科書通りの正しいフォームでやることが大切です。
その道の達人といえるボディービルダーでさえ、トレーニングの最初にフォームの確認をやっています。

間違ったフォームでやるとトレーニングの効果が減ってしまうのはもちろん、怪我をするリスクもあがってしまいます。
思った以上にデメリットが大きいのです。

本や動画などでしっかり研究したりトレーナーに見てもらうなどして必ず正しいフォームを身につけましょう。

2.鍛えている筋肉を意識する

何も考えないでトレーニングするのと、鍛えている筋肉を意識しながらやるのでは結果に大きな違いが出ます。

何も考えないと言っても脳がその筋肉を動かすように司令をだしているわけですが、重要なのは意識です。

「テレビを見ながらトレーニングできます」とか文句がありますが、本当はトレーニングに集中したほうがいいです。
1回1回の動作を大切にして筋肉の収縮を感じながらやりましょう。
可能な部位であれば、その筋肉を見ながらやるのもいいです。

3.いかに効率を悪く動かすか

筋トレは、重量挙げではありません。
重いものを持ち上げることが目的ではなく、筋肉をつけることが目的です。
重量挙げは、どれだけ重いものを挙げるかを競う競技ですから、いかに効率よく体の力をウエイトに伝えるかが重要です。

筋トレは、全く逆だと考えてください。
いかに、ウエイトの重みを筋肉に伝えるか、一番効いている動きができるかがポイントになります。

afawfaf

最後に

慣れないうちは、本当に効いているのか分かりにくかったりしますが、試行錯誤しながら続けていくうちに必ず「おっ!」となる時が来ます。
そうなれば上に書いた3つの点が線になるでしょう。
そうなるまで頑張って続けていきましょう。
最初は筋トレDVDを見るのもオススメです。

(Visited 1,373 times, 1 visits today)