スクワット

スクワットはトレーニング種目の中でも最も重要な種目の1つです。
BIG3と言われるベンチプレス、デッドリフト、スクワットの中にも入っているくらいです。
スクワットで鍛えられる大腿四頭筋は筋肉群の中でも最も大きいものなので、効率よく筋肉量を増やすことができます。
なので脂肪燃焼効果が最も高いエクササイズとも考えられています。
スクワットの重要性を書き出すとキリがないくらいなので、とにかく脚のトレーニングには取り入れておきましょう。

スクワットのやり方

  1. 両手にダンベルを太ももの横で持つ、足は肩幅をより少し広げる。肩に担いでもOK。
  2. 息を吸いながらお尻を突き出すように膝を曲げていき、太ももが床と平行になるくらいまで上体を下ろす。
  3. 息を吐きながら元の位置まで膝を伸ばしていく。

スクワットのポイント

  • 背中や腰が丸まらないように、目線は前のまま。
  • 下ろすときは少し離れた後ろの椅子に座るようなイメージで。
  • 動作を通して足全体にウエイトが乗るように。
(Visited 2,048 times, 1 visits today)

コメント “スクワット”

  1. ピンバック: ダイエットしたいときにトレーニングを1種目だけやるとしたら・・・ | ダンベルトレーニングナビ

コメントは停止中です。