ハーフデッドリフト

ハーフデッドリフトは背中の筋肉に効かせるコツを掴むのに効果的です。

というのも、背中の種目では腰の動きが関与しやすく、それが原因でうまくトレーニングできないケースが多いからです。

ハーフデッドリフトで腰をあまり使わずに上体をうまく動かして背中に効かせます。

ダンベルでやることで可動域が大きく取れるし肩甲骨が動かしやすいのでオススメです。

ハーフデッドリフトのやり方

  1. ダンベルを両手に持って立つ。足は腰幅で肩の力は抜いておく
  2. ダンベルをぶら下げるようにダンベルが膝の位置くらいまで上体を曲げる
  3. ダンベルを後ろに引くようにしながら上体を起こす

ハーフデッドリフトのポイント

  • ダンベルを下げすぎない。
  • 肩に力が入らないように常に肩は下げておく。
  • 上体を起こす時は肩を斜め後ろに引っ張る意識で。起こした時にさらに肩を引くと広背筋に効く
(Visited 20,206 times, 1 visits today)