ワンハンドダンベルロウ

ワンハンドダンベルロウは広背筋を鍛えるエクササイズです。
ワンハンド(片手で)ダンベル(ダンベルを)ロウ(引く)です。
広背筋を鍛えると広い背中が手に入り、後ろ姿が美しくなるのでぜひトレーニングしましょう。
ただし、背中の筋肉は普段あまり意識しないのではじめは、背中の筋肉をしっかり使うことを身につけましょう。

ワンハンドダンベルロウのやり方

※フラットベンチを使用します。なければ椅子でOK。

  1. フラットベンチの片側にダンベルを置く。
  2. ベンチの手前の方に片膝をつき、上体が床と平行になるくらいまで曲げて手をベンチの前の方につく。
  3. 空いている手でダンベルを持ち、肩甲骨を開くようにして背中の筋肉をストレッチさせる。
  4. 肩甲骨を締めるようにしながらダンベルを下腹部に向かって引き上げる。
  5. トップまで上げたら一旦止めて、息を吐きながらゆっくり下ろす。

ワンハンドダンベルロウのポイント

  • 動作を通して上体は動かさない。
  • 上げる時に上体が開かないようにする。
  • 腕の力は使わず、肩甲骨で引き上げるように意識する。
(Visited 8,694 times, 4 visits today)

コメント “ワンハンドダンベルロウ”

  1. ピンバック: ダンベルを使って背筋の筋トレするときのポイント | ダンベルトレーニングナビ

コメントは停止中です。