【シックスパック】ダンベルを使って腹直筋を鍛える5つのポイント

男女問わず割れた腹筋には憧れるものですよね。

お腹まわりは特に脂肪がつきやすく、年を取るにつれて油断するとすぐにタプっとしてしまいます。

 

逆に、お腹が引き締まっているとかっこ良く見えるので洋服も様になります。

お腹は若さの一つのバロメーターとも言えるでしょう。

腹筋運動は必要ない?

実は腹筋も鍛えすぎると肥大するので、ただお腹を細くしたいというのであれば、お腹の脂肪を落とす方が大切です。

腹筋を鍛えても、多少の引き締め効果はありますが脂肪は取れません。

 

実際、ボディビルダーでも重点的に腹筋を鍛えるという人はあまりいません。

腹筋以外の筋トレでも腹筋は使うのです。

脂肪を落とせば、誰でもシックスパックと言われる割れた腹筋が浮かび上がってくるのです。

 

ただし、腹筋を強化していくとお腹のポッコリを減らしたり出来るのも事実です。

他にも、呼吸や内臓機能の向上も期待できます。

普通にシットアップやクランチといったエクササイズをやってもいいのですが、もっと短時間で効果を上げるためにダンベルで負荷を上げる方法を書いてみます。

ダンベルで腹筋に負荷を足す方法

まず、腹筋を鍛える時に絶対に抑えておきたいポイントは

 

  • 常に背中を丸める
  • 収縮させるときに息を強く吐く

 

ということです。

腹直筋の機能は「体幹を曲げる」というもの忘れないでおきましょう。

それでは腹筋追い込みの5つのポイントです。

1,首の後ろで持つ

最も基本的なものです。

クランチなどをやるときに、ダンベルを首の後ろで持って持ち上げる負荷を上げる方法です。

プレートだけあればそれでもOKです。

2,胸の上に置く

これも、最初のものと理屈は同じでクランチなどをやるときに、負荷を上げる方法です。

ダンベルを胸の少し上あたりに置いて動作します。

3,腕を伸ばして胸の前に

これも1や2のアレンジです。

クランチやシットアップの時にダンベルを両手で持って真っ直ぐ伸ばして、負荷がかかる角度に構えて動作します。

4,お腹の上に置く

これは、シットアップやクランチの時にダンベルをお腹の上に置いておいて、腹筋から負荷が抜けないようにするのが狙いです。

20回1セットとかでやりますが、セットの間は腹筋に力を入れ続けるようにしましょう。

5,膝で挟んで足上げ

ベンチに座り、ダンベルを両膝で挟んでその膝を上げて胸に近づけます。

エクササイズの名前で言うと、ニーレイズとかニートゥチェストとか言います。

腹筋の下部に効きます。

筋肉は「刺激を与える頻度を上げる事」と「色んな刺激を与える事」が大事です。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)
株式会社スーパースポーツカンパニー
売り上げランキング: 166
(Visited 14,039 times, 1 visits today)