ダンベルで上半身をデカくしたいときにオススメのトレーニングベスト5

今回は私が独断で、「上半身にボリュームを出したい時に効果的なダンベルトレーニング」のベスト5を選んでみたいと思います。
あくまでも
「ボリュームを出したい」
「デカくしたい」
「厚みを出したい」
という時にオススメのエクササイズです。

上半身に厚みを出すコツ

筋トレをするならモリっとしたボリュームのある上半身にも憧れます。

ではどうすればボリュームがだせるのでしょうか?

まず、「厚み」に対して「幅」というのもあります。
幅があると前や後ろから垂直に見た時に、大きく見えます。
対して厚みがあると、斜めや横から見た時に大きく見えます。

両方あるのがいいのですが、外国人や余程のボディビルダークラスじゃないと難しいです。
普通にトレーニングしている人だと、どちらかに片寄ってしまいます。
それは、もって生まれた体型や体格によって決まります。

また、厚みは筋肉の量で決まるところが大きいので、やはりハードトレーニングなしには得られません。
自分なりの高重量でしっかり的確に筋肉に効かせる。コレが大事です。

厚みを出すためのダンベルトレーニング

1,ベントオーバーロウ

背中のトレーニングは厚みを出すには必須です。
特に背中の上部。
肩甲骨周りの広背筋や僧帽筋に筋肉が付けば、ボリューム感が出てきます。

2,ベンチプレス

やはり胸の筋肉もないと立体感が出てきません。
ダンベルのみならず、バーベルなどでも高重量でキッチリ大胸筋に乗っけて押し切る。
というトレーニングをしていきたいです。

3,プルオーバー

実は上半身全体に効くエクササイズがコレ。
特に胸と背中に同時に効きます。
可動域を大きく摂ることで胸郭を広げられます。

4,ショルダープレス

実は背中や胸だけでは、厚みは出てきません。
肩の筋肉、三角筋が発達していれば筋肉の密度を感じさせられます。
背中から肩にかけての、迫力ある筋肉をつけてこそのボリューム感ではないでしょうか。

5,ライイングトライセップスエクステンション

ここまで来たらやっぱり腕も行っておきましょう。
厚みという意味では二頭筋より三頭筋のほうが出てきやすい。

単純に筋肉の大きさの違いもありますが、横から見るとより腕が太く見えます。

(Visited 3,478 times, 1 visits today)