バストアップのためのダンベルトレーニングのコツとは。

胸の筋肉を鍛えることで得られるメリットは大きいです。
男性ならたくましい胸板、そして女性ならハリのあるバストを手に入れられます。
今回はバストアップのための効果的なダンベルトレーニングを紹介します。

バストアップのために鍛える筋肉

バストのふくらみ自体は筋肉ではないので、その中にある筋肉を鍛えることになります。
その筋肉は大胸筋で、中でも大胸筋の上部を鍛えることがバストアップには効果的です。

大胸筋の上部を鍛えることでバストをしっかりつり上げて、垂れ下がりの防止になります。

大胸筋を鍛えるためのダンベルトレーニング

大胸筋のダンベルトレーニングは、ダンベルプレスとダンベルフライです。
この2種目をしっかりやれば充分でしょう。

ダンベルプレス

ダンベルフライ

動画ではベンチを使用してますが、直接床でやってもOKです。
またはバランスボールを利用してもいいでしょう。
バランスボールは意外といろいろ使えるので便利です。

大胸筋の上部の鍛え方は、これらのエクササイズをインクラインで行います。
インクラインとは傾斜のことで、体をフラットではなく30度から45度くらい頭を上にして行います。

さらにプッシュアップ(腕立て伏せ)までやれば言うことなしです。

大胸筋を鍛えるポイント

最後に大胸筋トレーニングのポイントを書いておきます。

  • 動作を通して胸を張る
  • 肩甲骨を寄せる
  • 1回1回、大胸筋に効いていることを感じる
  • 1セット15〜20回で3セットやる
  • 重さは2〜3kgで週に2~3回やる

筋トレは地道に続ければ間違いなく効果がでます。
頑張りましょう。

(Visited 1,828 times, 1 visits today)