ダンベルの次に買う筋トレ器具は何がベスト?

私がダンベルを初めて触ったのは確か中学生の時でした。
柔道部だったのですが、道場になぜか9kgの青い鉄アレイが1つありました。
ダンベルというか鉄アレイですね。
当時は重かった記憶があります。
引退する時に譲っていただきました。

いきなり余談になってしまいましたが、筋トレをやろうとした時にまずはダンベルを買ってみて、自宅で自重やダンベルではじめてみる人は多いと思います。

でもせっかくダンベルを買ったなら絶対にもう1つ揃えてほしいものがあります。
それは「トレーニングベンチ」です。

トレーニングベンチがあるとトレーニングの幅がもう全然違ってきます。

トレーニングベンチのメリット

  • 動作(筋肉)の可動域が広がる
  • できる種目が増える
  • トレーニング頻度を上げられる
  • 普通にベンチとして使える

可動域が広がる

何と言ってもこれが一番のメリットではないでしょうか。
筋トレは言い換えれば”対象の筋肉を伸び縮みさせる”作業です。

例えばダンベルで胸のトレーニングをやる場合、ダンベルプレスとかダンベルフライになりますが、ベンチがなくて床に寝てやると肘が床で止まってしまいます。
これだと充分に胸の筋肉を伸ばせず、トレーニング効果が低いです。
ベンチの上でやると、肘が体より下に行くので自然と胸の筋肉は伸びます。

筋肉を発達させるには「筋肉をしっかりストレッチさせることが大事」と言われます。

できる種目が増える

上に書いたように同じ種目でも効果があがるし、できる種目そのものが増えるという点もあります。
まず座ってやる種目全般がそうです。
あと仰向けうつ伏せなど横になってやる種目もそうですね。
普通の椅子でもいいんじゃない?という考え方もあると思いますが、ちょうどいい高さや長さがないと使えません。

あと腹筋関係の種目はベンチがあったほうがかなり捗ります。

トレーニング頻度を上げられる

私の場合は基本的にジムに行ってトレーニングしています。
前までは自宅ではほぼトレーニングしていなかったですが、ベンチを買ってからは腕とか肩とか腹筋をちょこちょこやるようになりました。

胸とか背中とか脚とか大きい筋肉は高重量で強い刺激を入れたいですが、腕とか肩とかは強度より頻度を重視したほうがいいみたいです。
常に目の前にベンチがあると「軽くやっとこうかな?」という気になって良いです。

普通にベンチとして使える

私はベンチをリビングにどっかり置いてます。
これにより普通にベンチとしての高い実用性を発揮してくれます。

座ってテレビ見たりはもちろん、軽く食事したり(朝は常にベンチに座って食べます)してます。
子供達もベンチの上で寝転んだり、奥さんも座ってスマホいじったりしてます。

クッション性があるので座り心地良いんですよね。
嬉しい誤算です。

おわりに

私が持っているのはこれです。

Amazonでも高評価ですし、値段も一万以下なので買いやすいです。

角度つけたりは出来ませんが、その分頑丈ですし、デザインもリビングに置いてギリギリセーフかと。
良い買い物できました。

(Visited 2,797 times, 2 visits today)